映画「マイナス21℃」は実話!あらすじキャスト、評価は?

映画「マイナス21℃」のあらすじやキャスト、評価について&実話なの?

1 映画「マイナス21℃」は実話なの?

2 マイナス21℃のあらすじやキャストは?

3 マイナス21℃の評価や予告編をみた感想

 

ジョシュ・ハートネットが主演の映画「マイナス21℃」、今回の記事ではあらすじキャスト、評価、実話なのかといった情報をシェアしていきます!

映画「マイナス21℃」は実話なの?

f:id:mo88mo:20180627051616p:plain

元アイスホッケー選手の「エリック・ルマンク」が経験した雪山での遭難を映画化しているので、この映画の内容は実話になります。

アメリカのカリフォルニア州にあるシエラネバダ山脈で雪山遭難をした彼は、8日間食料も水も山岳装備もない状態で、夜は氷点下となる極限状態で生き延びたのです。

最近は、このように何もない状態でどう生き抜いたのかという実話が映画化されることが増えましたが、人間って意外とタフでもありますね!

それでは、映画マイナス21℃はどんなあらすじなのか見ていきましょう!

マイナス21℃のあらすじやキャストは?

ジョシュ・ハートネット演じる主人公「エリック・ルマンク」は、ある日シエラネバダ山脈でスノーボードを楽しんでいましたがなんと道に迷ってしまい遭難してしまいます。

たった一人で、山岳装備もなく、さらに食料や水も持っていない状態で8日間過ごすことになり、低体温症や空腹&脱水症状、凍傷や狼の恐怖などを味わいながら生命の危機に追い込まれていきます。

異変に気づいたのは母親で、息子と連絡が取れないため援助隊に救援依頼をします。

エリックは限界を超え始め、幻覚を見るようになります!

果たして彼は生きて帰れるのか?

それでは、マイナス21℃のキャストをご紹介していきましょう!

◎ エリック・ルマンク・・・ジョシュ・ハートネット

f:id:mo88mo:20180627052033p:plain

◎ スーザン(母)・・・ミラ・ソルヴィーノ

f:id:mo88mo:20180627052132p:plain

マイナス21℃の評価や予告編をみた感想

youtu.be

それでは、映画マイナス21℃の評価についてまとめていきます。

・・・といっても、日本では2018年7月21日公開ですが、あまり評価についての情報はありません。

雪山で遭難して人生を見つめ直す作品だといった感想などがありましたが、6月26日時点ではフィルマークスで2・3という評価がついています。

予告編をみた感想ですが、ジョシュ・ハートネットが老けたなといった印象が強かったです。

雪山での遭難という極限状態を演じているのですが、撮影はかなり大変だったのではないかと推測されます。

たったひとりでこの状態に追い込まれたとき、人はどうやって生きる希望を見出すのか、そこが見どころなのではといった印象をもちましたが、あなたはどう感じましたか?

今回は、映画「マイナス21℃」は実話なのか、あらすじやキャスト、評価についてまとめていきました!