映画「ダリダあまい囁き」あらすじ、キャスト、評価は?

映画「ダリダあまい囁き」のあらすじやキャスト、評価についてシェア!

1 ダリダとは?

2 映画「ダリダあまい囁き」のあらすじ

3 ダリダあまい囁きのキャストや評価

4 予告編をみた感想

今回は、イタリア系エジプト出身のフランス人歌手のダリダの人生を描いた映画、「ダリダあまい囁き」のあらすじやキャスト、評価などをまとめていきながらどんな作品なのかをご紹介していきます!

ダリダとは?

f:id:mo88mo:20180506130445p:plain

1933年1月17日生まれで、1987年5月2日に54歳という若さで旅立っていったフランス人歌手のダリダは、イタリアからの移民でエジプトに住んでいた両親のもとカイロに生まれました!

その後はフランスに帰化しこの国で暮らし、国民に愛される歌手として活躍をしていました!

本名は「ヨランダ・クリスティーナ・ジリョッティ」で、兄と弟がいます!

ダリダの父はカイロオペラ第一ヴァイオリニストでした。

1954年度に、母親に隠れて応募したコンテストで、ミスエジプトに選ばれました!

彼女は女優になる夢を抱き、フランスのパリへ行きますがオーディションに落ちるばかりでいっこうに道がひらけていきません。

あるとき、オーディションに落ちたダリダは、そのときに使った写真をゴミ箱に捨てました!

それを一緒にオーディションを受けた女性が、彼女のもとへ郵便で送りダリダを食事に誘います!

そのときに、あるバーの歌い手のオーディションを受けることを勧めますが、最初は女優を目指しているのでと断りましたが、食べていかなければならないでしょうという女性の言葉を聞いて、そのオーディションを受け見事合格し、その店で歌い始めました!

そこで、レコード会社の社長「エディー・バークレー」やプロデューサーの「リシュアン・モリス」と出会い、この二人がダリダの魅力の虜となったことで、歌手への道が開かれていきました!

2曲目のバンピーノが世界的な大ヒットとなり、トップ歌手の仲間入りをします!

さらに、プロデューサーのリシュアンと恋に落ちますが、彼には妻子がいたのです!

リシュアンとの結婚を心から望んだのですが、結婚は拒否されます。

ですがリシュアンは妻と別れてダリダと暮らす道を選び、5年間この生活が続きますが、子供も望む普通の女性でもあったダリダはこの暮らしに疲れ果てます。

5年後リシュアンは結婚を決意しますが、そのときにはダリダは既に疲れ切っていました!

1961年に二人は結婚しますが、翌年には離婚をしています。

その後人生で4度結婚し、3人の元夫が自殺をしているという過酷な人生を歩みながらも歌手としての仕事はどんどん大成功をしていきます!

1987年になると、当時付き合っていた彼との関係が思わしくなくなり、結果的に次の言葉を残して自殺を選んでしまいました。

「人生は耐えられない。許してください」

多くの観客やファンから賞賛され、ステージでスポットライトを浴びて歌い続け、世界中でヒット曲を連発した歌姫は、私生活では普通の女性と同じ結婚と出産を望みましたがそれは叶わぬ夢となってしまいました。

映画「ダリダあまい囁き」のあらすじ

youtu.be

それでは、実在したフランス人女性歌手のダリダの人生を映画化した作品「ダリダあまい囁き」のあらすじをご紹介していきましょう!

カイロに生まれ育ったヨランダは幼い頃からメガネをかけていて、当時はそれが珍しいことだったので周囲の子どもたちからいじめられていました!

16歳で受けた手術のおかげで視力が戻り、メガネを手放せたことから彼女の人生は好転していきます!

ミス・エジプトに選ばれるほどの美貌を持ち、フランス全土に社会現象を巻き起こした歌手となってキャリア的には大成功をしますが、私生活はまるでうまくいきません!

その後も恋愛を繰り返しますが相手は自殺するという、なんとも悲しい結末を経験します。

そして最後に彼女が選んだ道は・・・!

『ダリダ~あまい囁き~』5月19日(土)全国ロードショー

日本での公開日は、2018年5月19日になります!

ダリダあまい囁きのキャストや評価

衝撃的な結末を迎えた、ダリダあまい囁きのキャストをご紹介していきましょう!

◎ ダリダ・・・スヴェヴァ・アルヴィティ

f:id:mo88mo:20180506130935p:plain

 

◎ ブルーノ・・・リッカルド・スカマルチョ

f:id:mo88mo:20180506131019p:plain

 

◎ ルシアン・モリス・・・ジャン=ポール・ルーヴ

f:id:mo88mo:20180506131138p:plain

 

◎ リシャール・シャンフレー・・・ニコラ・デュヴォシェル

f:id:mo88mo:20180506131216p:plain

 

◎ ルイジ・テンコ・・・アレッサンドロ・ボルギ

f:id:mo88mo:20180506131314p:plain

 

◎ ルチオ・・・ブレンノ・プラシド

f:id:mo88mo:20180506131354p:plain

 

◎ ジャン・ソビエスキー・・・ニールス・シュナイダー

f:id:mo88mo:20180506131447p:plain

それでは、ダリダあまい囁きの評価をご紹介していきましょう!

本国フランスでは、2017年1月に500館以上で公開され総動員数77万人、初登場第2位となったほど大ヒットしていますので、かなり評価は高いようです!

日本では、この映画が公開前の段階で「映画・com」で評価が2・1となっています!

予告編をみた感想

f:id:mo88mo:20180506131633p:plain

実在の人物ダリダの生涯を描いた映画「ダリダあまい囁き」、予告編を観て強く感じたことは、陰陽の世界で生きるわたしたちは、人生のどこかでバランスを取らされるように喜びがあれば悲しみが、楽しさがあれば辛さを経験させられます。

まさに、その典型的な人生を生きたのがダリダであり、美貌も仕事の成功も人々からの賞賛も、そして美しいドレスも手に入れ、仕事ではひじょうに素晴らしいキャリアを手に入れることが出来ましたが、そんな人生のバランスを取るかのように彼女の私生活は愛で満たされることがなかったという、喜びと悲しみをバランスよく描いている素敵な映画だと感じます!

スターとして脚光を浴び、心地よさそうにしている姿のダリダと、悲しみの中でさまざまな感情を味わい、それを仕事の糧にしていく姿は、光と闇が存在する世界に生きるわたしたちの宇宙をはっきりと映し出してくれる、残酷ですが美しい映画でもありますね!

ちなみに、整体を書籍で学んだときに、次のような情報があったのでシェアしておきます。

個人的にも非常に納得した話しですが、よく子供の頃などにいじめにあう人がいますよね!

実は、そういう子供や人は整体的な観点から体を観察すると「モテる」人なんだとか!

だから、周囲がそれを敏感に感じ取って集団でいじめる(嫉妬されている、脅威を感じている)とも考えることが出来るそうです!

ダリダも幼少時代珍しいメガネ姿でいじめられましたが、その後の成功を考えるとこの話がいがいと腑に落ちますので、ちょっとした情報としてシェアしておきます!

あなたは、映画「ダリダあまい囁き」の予告編をみて、どんな感想を持ちましたか?

今回は、映画「ダリダあまい囁き」のあらすじやキャスト、評価についてまとめてシェアしていきました!