「私はあなたのニグロではない」のキャストやあらすじ&評価は?

映画「私はあなたのニグロではない」の公開日やキャスト、あらすじ&評価

1 私はあなたのニグロではないの公開日やあらすじは?

2 キャストや評価

3 予告編を観た感想

いつの時代も、自分とは違うものに対する一部の人間の態度は凄まじい差別を生み出しています!

2018年現在では、かなり認知度が広まってはいますがLGBTの人たちへの理解が不足している人もいて、さまざまな不協和が起こっているのが現状です!

そう、問題は無関心と無知です!

バラク・オバマ氏が大統領になり、現在トランプ政権下にあるアメリカで一本の映画が公開されて話題となっています。

今回の記事では、私はあなたのニグロではないという映画について公開日やキャスト、あらすじや評価などをまとめてシェアしていきます!

私はあなたのニグロではないの公開日やあらすじは?

f:id:mo88mo:20180505132441p:plain

個人的にもこのタイトルにドキッとしますが、あなたはこの映画のタイトルを観てどんな感想を持ちましたか?

まずは、公開日をご紹介していきましょう!

2018年5月12日となっていて、カナダでは2016年9月10日、アメリカでは2017年2月3日にすでに公開されています!

私はあなたのニグロではないは、アメリカ、フランス、スイス、ベルギーが制作しました!

アメリカの小説家であり、劇作家で詩人、公民権運動家だった故ジェームズ・ボールドウィンの未完成原稿を元に、ラウル・ペック監督が制作したドキュメンタリー映画です!

あらすじは次のものになります!

若くして暗殺された公民権運動指導者のメドガー・エヴァーズ、キングス牧師、マルコムXの3人の生きざまを追いながら、現在のブラック・ライヴズ・マターまでの歴史を追っていきます!

1957年当時、フランスのパリで執筆活動をしていたボールドウィンは故郷のアメリカに戻る決意をします!

激動するアメリカ社会の真ん中に立って、人種差別の真実を記録しながら各地で講演を行い、母国のアメリカの人種差別の歴史と正体を解き明かしていきます!

映画『私はあなたのニグロではない』 公式サイト

ブラック・ライヴズ・マターとは、2012年に当時17歳の黒人少年「トレイヴォン・マーティンが、自称自警団の男性に射殺された事件が発端となり生まれた運動です!

これ以後、黒人が警官に殺害されるたびに全米で大規模なデモを行っています!

今年は映画「スリービルボード」を観に行きましたが、この映画の中でも「警官が黒人をいじめるのに忙しい」などという皮肉を言っている場面が何度も出てきました!

2018年現在でも、黒人をめぐる人種差別は、昔と大差ないという事実がこういう映画でも浮き彫りになってきますね!

キャストや評価

youtu.be

それでは、事実を描いたドキュメンタリー映画の「私はあなたのニグロではない」のキャストをご紹介していきましょう!

◎ ナレーション・・・サミュエル・L・ジャクソン

◎ 地の塩的なリーダー・・・メドガー・エヴァース

f:id:mo88mo:20180505133230p:plain

 

◎ 伝説的カリスマ・・・マルコムX

f:id:mo88mo:20180505133403p:plain

 

◎ 非暴力の英雄・・・キング牧師

f:id:mo88mo:20180505133510p:plain

 

◎ アメリカ黒人文学のレジェンド・・・ジェームズ・ボールドウィン

f:id:mo88mo:20180505133634p:plain

そして、この映画の評価は相当高いことが公式サイトを見るだけでもよく理解できます!

ロッテン・トマトでは支持率がなんと99%、評価は10点中8・9点とかなり高評価です!

予告編を観た感想

ここからは、予告編を観ただけでも「私はあなたのニグロではない」という映画の力強さが分かるこの作品の予告編の感想をシェア!

※ 私も分からないことだらけです、なにか気づきがあり教えて頂けることがありましたら、ご教授していただければ幸いです!

この映像だけで心を鷲掴みにされました!

冒頭から、ジェームズ・ボールドウィンは次のような発言をします!

「私に自由か死をと白人が言ったなら世界は賞賛する。だが、同じことを黒人が言えば、犯罪人扱いされ見せしめに罰せられるだろう。誰も後に続かないようにだ」

こんな衝撃的な言葉で始まり、さらに歴史的に黒人がどんな扱いを受けてきたのかが映像の中に次々とながれていきます!

そして、ボールドウィンはこうも語ります!

「この国の白人は考えてみて欲しい、なぜ黒人を必要としたのか?私は黒人の前に人間だ。もしニグロが必要ならその理由は?答えが未来になる」

予告編だけで、私はあなたのニグロではないは完璧に表現したいことを伝えていると感じられるほど編集も素晴らしいと個人的には思いますが、あなたはどう思いますか?

これは、黒人の差別に関するドキュメンタリーですが、最初に書いたように世界中にはさまざまな差別や区別が起こっています。

より細かく言えば、現在世界的にも多くの人が黙っていられないということで暴露が始まっているセクハラ、パワハラ、さらに女性に対する偏見や差別や区別、LGBT、現代の日本でも問題となっていて後を絶たないいじめや自殺、これらのすべての問題の根底にあるのは、他人を引きずり下ろすことで自分を上にしておきたい人間の欲深いエゴが横たわっています!

2018年現在40代女性として生きている私は、現在父や兄を観てこう考えることがあります!

「この二人には、生まれてからこの年令まで生きてきた女性の私が経験したことや感じてきたことなどを、決して理解できないだろう」と・・・。

逆に、男性としてプレッシャーをかけられながらそれを乗り越えていった父や兄の経験は、実は理解できるものでもあるのだ!

声高にパワハラやセクハラについて声を揚げられる世の中になってはいますが、育ってきた環境で受けてきた多くの差別や区別、親の子供への支配、男であるだけで女よりも優遇されていた人たち、さらに細かく見ていくと兄弟間の優劣、容姿の優劣、成績の優劣、体力の優劣など、数え上げたらきりがないほどの、自分を上に置くために誰かを下にして優越感を持とうとする人間のエゴ意識の強さには経験からも辟易してきたが、この映画が絶賛されるのはきっと、男女問わず多くの人がさまざまなところで、いろんな場面で大なり小なり経験して来たことでもあるからだと感じられます!

誰か一人が悪いわけではない、みんなの責任でもある、ならば見たくない世界観をしっかりとガン見して、それを繰り返さないために自分はどうする?

世界が変わるんじゃない、私が選んだ世界が変わるのだ!

あなたはどんな世界に生きたいですか?

その選択肢の中に、この映画の世界観はあるのですか?

そう問いかけられている作品となっていると感じられ、この先の世界はまったく違った環境に想像していける力が、一人ひとりに眠っていることを教えてくれると思いましたが、あなたはどう感じますか?

今回は、私はあなたのニグロではないのキャストやあらすじ、評価などをご紹介していきました!