「映画」ウインストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男の評価とあらすじ

第90回オスカー主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンの演技が光る!「ウインストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」の評価やあらすじについて

1 主要キャストについて

2 あらすじ

3 評価はどうだった?

4 ウインストン・チャーチルの名言

f:id:mo88mo:20180308064642p:plain

映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」の主演男優のゲイリー・オールドマンは、第90回のオスカー主演男優賞を受賞して話題となっただけでなく、その特殊メイクをしたのが日本人だったことで日本でも大騒ぎとなりました!

辻一弘氏が特殊メイクを手掛けた作品は? - 映画ソムリエなりきりブログ

そんな、注目の的となっているこちらの映画について主要キャストやあらすじ、評価、さらには実在したウィンストン・チャーチルの名言などをご紹介していきましょう!

主演キャストについて

まずは、キャストをご紹介していきます!

◎ ウィンストン・チャーチル・・・ゲイリー・オールドマン

f:id:mo88mo:20180308062232p:plain

イギリスの俳優で、同業者の間で人気の高い人物であり、役作りに関しては徹底していて、1993年にはアルコール依存症でリハビリセンターに入所したこともあります。

◎ イギリス王ジョージ6世・・・ベン・メンデルソーン

f:id:mo88mo:20180308062403p:plain

オーストラリアの俳優で、子役募集のオーディションに合格しこの道へと進んでいきました。

◎ クレメンティーン・チャーチル・・・クリスティン・スコット・トーマス

f:id:mo88mo:20180308062630p:plain

イギリスの女優で、女優のセレナ・スコット・トーマスは妹になります!

◎ エリザベス・ネル・・・リリー・ジェームズ

f:id:mo88mo:20180308062733p:plain

イギリスの女優で、2010年にギルドホール音楽演劇学校を卒業しキャリアをスタートさせました!

◎ ネヴィル・チェンバレン・・・ロナルド・ピックアップ

f:id:mo88mo:20180308062905p:plain

イギリスの俳優で、1964年からTVや映画で活躍をしている、2018年の誕生日には78歳になるベテランです!

◎ ハリファックス子爵・・・スティーヴン・ディレイン

f:id:mo88mo:20180308103116p:plain

イングランドの俳優で、主演のゲイリー・オールドマンに言わせると「紳士だ」という人柄のようです!

実力派俳優がずらりとキャストに選ばれた、映画ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男は、かなり見ごたえがある作品となっているのではないでしょうか?

あらすじ

youtu.be

ここからは、あらすじをご紹介していきましょう!

1940年5月、時代は第二次世界大戦初期です!

ヒトラーが率いていたナチス・ドイツの勢力が拡大していく中、イギリスにも侵略の脅威が迫っていました!

当時、度重なる失策をしてしまったウィンストン・チャーチルは、政党内の嫌われ者でしたが、国民からの人気が高かったのです!

内閣不信任決議が出されたチェンバレン首相の後任として、外相のハリファックスが適任だという声が上がる中、本人はこれを固辞、これがきっかけでウィンストン・チャーチルに白羽の矢が立ちます!

ナチス・ドイツはどんどん勢力を拡大していき、イギリスにも上陸の危険が迫り、ヒトラーに屈するのか、戦うのかの選択を迫られます!

国難に陥ったイギリスの新首相に就任したチャーチルの、活躍ぶりを描いた作品となっています!

そう、彼は歴史的な決断を下したのです!

評価

評価に関しては、この記事を書いている2018年3月7日現在では、第90回オスカーで主演男優賞と、メイク・ヘアスタイリング賞を受賞していおり、表現としての評価は高いようです!

歴史的な決断を行った実在の人物を演じるために、主演のゲイリー・オールドマンはどうしても辻一弘の技術を必要としていたようで、彼なしではチャーチルの役は演じられなということで直々にオファーした話は有名です!

アカデミー賞でも6部門にノミネートされていましたから、かなり評価は高いと思われます!

ちなみに、ゲイリー・オールドマンは、レオンという映画で麻薬取締局の刑事でありながら麻薬密売組織を裏で操っている、ちょっとイカれ気味の役を見事に演じています!

ウィンストン・チャーチルの名言

f:id:mo88mo:20180308105149p:plain

ここからは、かなり厳しい状況の中で大きな決断を下しイギリスを守り、ヒトラーから世界を救った男として現在まで語り継がれている、ウィンストン・チャーチルの名言をご紹介しましょう!

★ 決して屈するな、決して、決して、決して!

★ 夢を捨てるとき、この世は存在しなくなる

★ 金を失うことは小さく、名誉を失うのは大きい。しかし、勇気を失うことは、すべてを失う

★ 好転する前には、悪化するという階段もありえる

★ 愉快なことが理解できない人間に、世の中の深刻な事柄が分かるはずがない

★ 完全主義では何も出来ない

★ 不利は一方の側だけにあるものではない

★ 成功とは失敗を重ねても、やる気を失わないでいられる才能である

★ 回想していると、ある老人の言葉が思い出される。その老人は死の床でこう言ったのだ。生きている間には数々の心配事があったが、その心配が当たったことはほとんどなかった

★ 私の業績の中でもっとも輝かしいことは、妻を説得して私との結婚に同意させたことである

★ 日々、正直に行動することが、成功に達する最も確実な方法だ

★ 我々は得ることで生計を立て、与えることで生きがいを作る

★ 向上とは変化である。完全になるということは、しばしば変化することである

★ 資本主義の欠点は幸運を不平等に分配してしまうことだ。社会主義の長所は不幸を平等に分配することだ

★ 成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない、肝心なのは続ける勇気である

★ 敵がいる?良いことだ。それは人生の中で立ち上がったことがあるという証だ

★ 力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である

★ 大切なことは、力のない人の言葉が認められることである

個人的にも感動するような名言を多く残しているウィンストン・チャーチルですが、自分から一切ぶれていない一本筋が通った発言と行動によって世界を救った人物の中から出てくる名言は、胸や魂に響きます!

今回は、映画ウィンストンチャーチル/ヒトラーから世界を救った男について、キャストやあらすじ、評価、名言などをご紹介していきました!