映画公開予定2018(1月)洋画のおすすめは?

映画公開予定2018年1月のおすすめ洋画をシェア!

2018年が幕を開けました!

今年も数多くの映画が公開予定となっていますが、1月のおすすめはどんなものがあるのか、映画ソムリエになりきるブログ管理人として、面白そうだと感じるものをシェアしていきますので、映画選びにお役立ていただければ幸いです!

f:id:mo88mo:20180102101235p:plain

● 5日・・・キングスマン・ゴールデンサークル

コリン・ファースタロン・エガートンが出演している、話題作の第二弾です!

個人的にも、公開日に鑑賞する予定でチケットも購入、アクションがなかなかおもしろい映画で、コリン・ファースがかっこいいと人気となっています。

詳しい情報はこちらでご紹介しています!

eigasomurie.hateblo.jp

● 6日・・・クイーン旅立つわたしのハネムー

日本でも、「過保護のかほこ」というドラマが2017年に放送されましたが、意外と娘さんをお持ちの親御さんで、かなりの過保護に育ててしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

わたしがそうなの、なんて方もいるのでは?

この映画の主人公も、そんな女性の一人で、インドの保守的な家庭で育った女性が、婚約者にいきなり婚約破棄をされ、一人で新婚旅行をするという映画です!

ずっとどこに行くにも父親か弟が付き添い、一人で出歩いたことがないという女性で、生まれてから成長するまでレールの上を歩いて生きてきたのです。

いきなり婚約破棄を突きつけられ、彼女は一大決心をします!

ヨーロッパへの一人旅を決行、そのプロセスで、さまざまな経験をしていくことで狭い世界で生きていた彼女は、大きく成長していくのです!

日本でも、こんな生き方をしている人は数多くいるのではないでしょうか?

youtu.be

生まれてからずっと親元で暮らし、近所に働きに出て、子供の頃と変わらない生活環境の中で、とりあえず暮らしていけるという生き方に安住して生きている人は、実は周囲に沢山いることを、この数年でよく理解してきました!

40代、50代になっても、ずっと親元で暮らす、もしくは生まれ育った土地から離れず暮らしながら、別段冒険もせず、ただただ日常だけが過ぎていくという暮らしを続けている人々を眺めていると、それもそれで、チャレンジしない生き方もあると感じますが、個人的に、地方都市から関東にやってきて、さらにチャレンジをし続けてきた生き方をしてきたので、チャレンジ=自分の可能性を広げるということは、経験値をあげ、誰にも言えない言葉を持つことができるという意味においては、非常に面白かったですし、さんざん遊ぶということもしたので、ある程度の年齢を重ねて後悔も、やり残し感もなく、意外と自分では満足する生き方をしてきたと実感しています。

少子高齢化社会がやってきた日本、今後AIやテクノロジーの発達で劇的に変化する時代を生きるわたしたちは、年齢を気にせずもっと冒険してもいい、そう思わせてくれる映画ではないかと思いますが、あなたは冒険はやらない派?

それとも、年齢を気にせず、奮闘してみようと思う派?

もしくは、すでにやってきた&絶賛冒険中派でしょうか?

 

● 6日・・・ブリムストーン

愛と暴力と信仰心を描いたサスペンス映画で、西部劇でもあるこの映画は、ある一人の女性が、時代と信仰の翻弄される姿を描いた作品となっています!

なかなか興味深い内容ですが、先が読めない感じが個人的には面白そうという感覚を刺激してくれます!

youtu.be

● 6日・・・レディ・ガイ

これ、脚本が面白い!

裏社会の凄腕暗殺者が仲間に裏切られて銃で打たれ、意識を失ってしまいますが、目覚めたらなんと、女に改造されていた・・・!!

そこから復讐劇が始まりますが、この発想が個人的に面白いと感じました!

手術をしたのは、主人公のフランクに恨みを持つ女医です!

youtu.be

● 13日・・・5パーセントの奇跡

嘘から始まる素敵な人生、主人公は先天性の病気で視力を失い、ほぼ全盲となってしまうのですが、一流のホテルマンになりたいという夢を諦められません!

理解のある母と姉の協力を得ながら、視力障害者であることを隠して、なんと主人公の青年サリーはホテルマンになります!

ぼんやりとは見えているのですが、彼は5パーセントしか視力がなく、そんな状態で一流のホテルマンになる夢を叶えるという・・・実話です!

まさに、諦めなければ、チャレンジすれば不可能はないということを教えてくれる、感動の実話映画が公開予定となっているなんて、なんて素敵なんだろうと、映画好きとしてはワクワクします!

ドイツで大ヒットした映画だといいますが、日本でもヒットするといいなと感じます!

一人では叶えられないけれど、諦めなければ必ず協力してくれる人が出てくる、こういう実話を映画化されると、人は言い訳できないなと思わず苦笑いしてしまうだけでなく、個人的にも襟元を正される気持ちになります。

youtu.be

● 20日・・・ルイの9番目の人生

この映画は、2016年に公開されたアメリカ、イギリス、カナダのスリラー映画になります!

日本では2018年に公開予定となっていますが、あらすじはどんな感じなのでしょうか?

ルイという男の子は、ごく平凡な家庭に生まれましたが、何故か毎年命を落としかける事故や病気をするという不思議な少年です!

9回目の事故は、家族で出かけたピクニック先で、崖から海に転落しました!

いったい、何故ルイが毎年のように命を落としかけるのか、その謎に迫っていくというなんともスリラーな映画となっています!

youtu.be

● 20日・・・ライオンは今夜死ぬ

諏訪敦彦監督の作品で、名優のジャン=ピエール・レオが出演しているヒューマンドラマ映画です!

昔愛した女性を探しにやってきたジャンは、古い屋敷にたどり着きます!

誰も住んでいないその屋敷で、子どもたちが映画を撮影しており、ジャンは出演して欲しいと言われ、撮影に参加することになります!

その中で、元妻とジャンの関係が次々と明らかになっていきます。

youtu.be

● 1月下旬・・・苦い銭

この映画は、出稼ぎ労働者が8割を占める街、中国の浙江州湖州(せっこうしゅうこしゅう)を舞台に作られたドキュメンタリー映画になります!

服を作る仕事などに従事し、一元=17円、時給にして16~18元(日本円で272~306円という驚きの金額)で働く人々の暮らしを描いた作品です。

日本で、しまむらユニクロなどで服が安いと喜んでいる人たちの裏側にいる人達です!

この映画のなにがすごいかというと、ヴェネツィア国際映画祭で、ドキュメンタリー映画なのに脚本賞を受賞したというのですから、まさに驚き!

youtu.be

● 26日・・・デトロイト

アメリカにあるデトロイトは、治安の悪いアメリカ都市ランキングで、なんとぶっちぎりのトップなんだとか!

さらに、危険なアメリカ都市ランキングではまたまたぶっちぎりのNO1です!

総犯罪件数は、全米平均のなんと2・5倍で、殺人は9倍、レイプは3・5倍、強盗は6・3倍と、まさに開いた口が塞がらない状態です!

映画デトロイトは、1967年に起きたデトロイト暴動の最中に発生した、アルジェ・モーテル事件を題材にした実話で、主演はスタウォーズ/フォースの覚醒や最後のジェダイに出演しているジョン・ボイエガです!

ジョン・ボイエガの最新作と主演映画! - 映画ソムリエなりきりブログ

アカデミー賞有力候補となっている作品ですから、仕上がりはかなりのものではないかと考えられます!

youtu.be

2018年公開予定の映画はまだまだ沢山ありますが、1月に公開予定の映画の中から、個人的におすすめだなと感じたものをピックアップしてみましたが、あなたの好みに合う映画は公開予定となっていますか?

今回は、2018年1月に公開予定の映画のおすすめをご紹介していきました!