リメンバー・ミーの公開日は?前売り券はどこで買う?

リメンバー・ミーってどんな映画なの?公開日や前売り券は?

1 映画リメンバー・ミーについて

2 リメンバー・ミーの公開日やネタバレあらすじ

3 リメンバー・ミーの登場人物や声優キャスト、前売り券は?

4 死者の国ってどんなことろ?

今回は、映画「リメンバー・ミー」について、公開日や前売り券、ネタバレあらすじやキャストについてまとめていきます!

映画リメンバー・ミーについて

f:id:mo88mo:20171214143140p:plain

それではまず、リメンバー・ミーという映画について説明をしていきます!

ピクサー・アニメーション・スタジオが制作の、アメリカ合衆国のコンピューターアニメーションミュージカル・ミステリー・アドベンチャー映画になります!

全米では2017年11月22日にすでに公開されていて(この記事を書いているのは同年12月14日)、日本では2018年に公開予定となっています!

リメンバー・ミーのキャッチコピーは、「それは、時を越えて一家族をつなぐ、奇跡の歌」。

同時上映されるのは、「アナと雪の女王/家族の思い出」になります!

アメリカではかなり話題となっていて、すでに人気映画になっているようです!

当初、リメンバー・ミーの日本公開は、2017年12月23日の予定だったのですが、後ろ倒しになってしまいました!

リメンバー・ミーは、第45回アニー賞で、最多13部門にノミネートされ、第75回ゴールデングローブ賞では、主題歌賞とアニメ映画賞にノミネートされました!

ちなみに、ご存知の通り「リメンバー・ミー」とは、「私を忘れないで」という意味になります!

youtu.be

リメンバー・ミーの公開日ネタバレあらすじ

それでは、リメンバー・ミーのネタバレあらすじ&公開日をご紹介していきましょう!

まずは公開日ですが、2018年3月16日になります!

後ろ倒しになってしまいましたが、公開日は決まっていますので、楽しみにしている人にとっては当日が楽しみなのではないでしょうか?

公開日が分かったところで、ネタバレあらすじをご紹介しておきましょう。

主人公はメキシコの小さい街「サンタ・セシリア」に住んでいる、12歳の少年「ミゲル・リヴェラ」。

家族はこの地で靴屋を営んでいて、ミゲルの高祖父が音楽家としての夢をかなえるために、妻のママ・イメルダと娘のママ・ココを捨てたという理由で、ミゲルの家は音楽を禁止しています!

ですが、血は争えません、ミゲルはミュージシャンの「エルネスト・デ・ラ・クレス」にあこがれていますが、彼はすでに亡くなっています!

そのため、ミゲルはミュージシャンの道を進みたいと考えており、家族に隠れてこっそりとギターの練習をしています。

1年に一度、死者が戻ってくるという死者の日に行われる音楽コンテストに出場することを決意したミゲルは、デラクレスの遺品のギターを奏でた瞬間死者の国に迷い込んでしまいます!

f:id:mo88mo:20171214144357p:plain

そこで、リヴェラ家の先祖や、憧れのエルネストにも会いますが、夜明けまでにここを出ていかないと永遠に家族に会えなくなります。

この世界で、詐欺師の「ヘクター」と出会い、生きている家族から忘れられると、ミゲルと同じく永遠に家族に会えなくなるというヘクターと共に、人間界に戻るための方法を探す旅に出ます!

公開日まで3ヶ月ほどとなりました、個人的にも予告編を観て、面白い作品なのではないかと感じましたが、あなたはネタバレあらすじを読んでどう感じましたか?

 リメンバー・ミーの登場人物や声優キャスト、前売り券は?

ここからは、リメンバー・ミーの登場人物をご紹介していきます!

その後、前売りについての情報をシェアしていきます!

● ミゲル・リヴェラ(アンソニー・ゴンザレス=日本語吹替版=石橋陽彩[ひいろ])・・・主人公で12歳のギターの天才!

この子が、日本語吹き替え版のミゲルの声優です♫

f:id:mo88mo:20171214152947p:plain

死者の国へ迷い込み、家族の秘密を知ります!

● ヘクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)・・・この作品のもう一人の主人公で、死者の国に住んでいる孤独な詐欺師!性格は容器で変装が得意!

● ダンテ(フランク・ウェルカー)・・・ミゲルと一緒に死者の国に迷い込む、ミゲルの飼い犬で、種類はメキシカン・ヘアレス・ドックです!

● エネスト・デ・ラ・クルス(ベンジャミン・ブラット)・・・ミゲルが憧れている亡くなっているミュージシャン

● ママ・ココ(アナ・オフェリア・ムルギア)・・・ミゲルの祖母

● アブエリータ(レニー・ヴェクター)・・・母

● エンリケ・リヴェラ(ハイメ・カミーユ)・・・父

● フランコ・リヴェラ(ロベルト・ドナティー)・・・祖父

映像も非常に美しく、内容も胸をぐっと掴むような素敵な物語です!

人を楽しませることが本当に上手なハリウッド、素晴らしい作品がまた新しく生まれたようです!

それでは、リメンバー・ミーの前売りはどうなっているのでしょうか?

ムビチケで、2017年12月15日(スター・ウォーズの公開日)から販売される予定となっています。

スターウォーズ最後のジェダイのネタバレは史上最大の衝撃に! - 映画ソムリエなりきりブログ

前売り券の値段は、一般1400円、小人900円となっていて、ポップコーン代くらいは浮く計算になります!

前売り券を購入したほうが、400円安く購入できますので、絶対にリメンバー・ミーを公開日に、公開中に観に行くと決めている人は、前売り券を購入したほうがお得です!

死者の国ってどんなところ?

f:id:mo88mo:20180226150435p:plain

ここからは、映画リメンバー・ミーに登場する死者の国についてご紹介していきましょう!

映画のベースは、メキシコの伝統である死者の日(10月31日~11月2日の3日間 )になります。

日本で言えばお盆みたいなもので、故人の魂を迎える祭礼行事です。

主人公のミゲルが迷い込んでしまう死者の国は、とても広大でカラフル、まさにテーマパークのようなところで、街並みは色とりどりに輝いていて、死者の国に通じている橋はすべてマリーゴールドの花びらで出来ています!

そして、故人とも会えるのが最大の特徴になります!

ここでは、日の出までに元の国に戻らないと体が消えるというルールがあります!

ちなみに、この映画の中に出てくる野良犬のダンテの種類は「メキシカン・ヘアレスドック(ショロ犬)」という設定で、このショロ犬はメキシコでは、亡くなった人をあの世に導くとされています。

死者の国のイメージの元になったのは、メキシコのユネスコ世界文化遺産の、メキシコの州都「グアナファト」になり、映画「レジェント・オブ・メキシコ/デスペラード」もここで撮影されました!

今回は、リメンバー・ミーの公開日や前売り券などの情報をお届けしました!